離婚Oradセンサー

離婚を支援するために離婚カウンセラーを雇うことは一般的な慣行となっています。

通常、大規模な法律事務所が離婚事件を処理するとき、離婚相談員は自動的に事件にリンクされます。しかし、時にはカップルは、法的、感情的、経済的、社会的離婚の分野で専門的なアドバイスを提供するために離婚カウンセラーを雇う必要があります。離婚カウンセリングは、訓練された熟練した認知行動療法士がクライアントが離婚をスムーズに進めるのを助けるプロセスです。離婚カウンセラーは、一般的に法律および感情療法の分野に熟練しています。

要するに、離婚手続きの目的は、離婚が妨げられないようにすることです。それらは解決され、クライアントは先に進むことができます。実際、離婚カウンセリングは、離婚を成功させる上で重要な役割を果たします。離婚カウンセリングは、離婚中および離婚後のクライアントの完全な満足を保証します。

離婚問題の現実的な解決策を見つけるのに役立ちます。それは、関係に関連する根本的な問題に到達することです。離婚カウンセラーは、成功するためにクライアントとのコラボレーションに依存しています。任意のカウンセリングは、問題を表現するために誠実に話すことを奨励します。これにより、利用可能なすべてのオプションを検討し、変更を加えることができます。離婚相談員は通常、次のような質問をします。

*どこに行き詰まっていますか?
*前進するには何ができますか?
*さらに何をする必要がありますか?離婚カウンセラーは、クライアントと向かい合って、または電話で仕事をします。離婚カウンセラーが使用する認知行動の方法は次のとおりです。

*行動指導またはカウンセリング-この戦略は、離婚の法的問題においてクライアントを支援することを伴います。アドバイザーは、法的問題を解決するためにクライアントを導くメンターの役割を引き受けます。
*行動上の課題-この方法には、直接かつオープンなコミュニケーションが含まれます。カウンセラーはクライアントに問題を伝え、それを重要なものにするよう奨励しなければなりません。カウンセラーは、問題の重要性を検討し、問題を解決して先に進むようにクライアントに助言し、指導しなければなりません。
*行動意欲-この戦略は、クライアントの精神に作用します。カウンセラーは、彼らをやる気にさせ、エゴを満足させなければなりません。一般的に、これはクライアントが困難な離婚を通じて生き残り、繁栄したため、彼らがヒーローでありロールモデルであることをクライアントに伝えることを意味します。
*行動サポート-これは、感情面での認知行動療法です。ここで、カウンセラーは、クライアントが感情的な離婚の問題に対処し、より強く自信のある人にたどり着くのを支援します。これにより、顧客は利用可能なさまざまなオプションを慎重に確認して計量することができます。任意のカウンセリングは、クライアントが教育された選択と決定を下すのに役立ちます。それは顧客に現実的で彼らのために働くオプションを選択するように促します。任意のカウンセリングは、クライアントを湿らせるか、保護することではありません。クライアントの責任と離婚を意識させることです。

Comments are closed.