犬の攻撃を制限する

制御されていない攻撃的な行動は、犬が動物シェルターに与えられたり、置かれたりする最も重要な理由の1つです。それはサバイバルテクニックであるため、すべての犬とすべての生き物は積極的に行動する能力を持っています。しかし、犬が他のペットや人間に対して積極的に行動する場合、行動はできるだけ早く修正する必要があります。相手に損害を与える可能性に加えて、重大な法的結果が生じる可能性があります。

すべての犬は十分にbarえたり噛んだりできますが、一部の犬種は他の犬種よりもこのタイプの行動を起こしやすい傾向があります。犬の大きさもこの要因であり、チワワによる攻撃はジャーマンシェパードやロットワイラーによる攻撃よりもかなり深刻ではありません。ただし、獣医師は積極的に行動する犬を最初に診て、感染、がん、甲状腺の問題などの身体状態が行動の根本にないことを確認する必要があります。

犬の攻撃性の最大の原因の1つは恐怖です。問題の犬は、攻撃されると考えているという理由だけで積極的に行動し、明らかに「最高の防御は良い犯罪だ」という古い言い回しに従います。子犬を飼っていて、将来の不適切な攻撃を防ぎたい場合は、子犬を幼い頃から社交すべきです。犬の病気のため、すべてのショットが処理されるまで待ってから、子犬をさまざまな状況で提示させます。

幼い頃に他の犬や人間の周りにいることに慣れている犬は、近年積極的に反応する可能性がはるかに低くなります。しかし、成犬であっても、慎重な訓練と社会化を通じて攻撃性を克服するよう訓練することができます。

生涯を通して攻撃的な犬を人間や他の動物から引き離すことができない場合、犬はその攻撃的な傾向を克服するために訓練されるべきです。他の人の安全は常に最初の考慮事項であるので、犬がひもにつないでいるとトレーニング中に鼻を着用していることを確認してください。

攻撃的な犬は、他の人の前で快適で落ち着くように社交することができます。それには時間と忍耐が必要ですが、暴力的な攻撃的な犬でさえ、ほとんどの場合、善良な市民になることができます。

これを行うには、犬を従順クラスに登録し、クラスの人があなたの犬の攻撃問題を理解していることを確認する必要があります。基本的なコマンドに従うことを学ぶことは、他の状況で犬をコントロールできる素晴らしい方法です。犬を人間や犬にさらされる場所に連れて行き、脇に置いておきます。犬または人が近くに来て、犬が投げたり、不平を言ったり、kえたりした場合、少なくとも注意を向けるために鋭い綱引きをします。是正措置に加えて、犬が適切に行動するときに報酬を与える必要があります。さまざまな小さなおやつを手に持ち、犬が落ち着いていてもペットや口頭でwithめ称えましょう。

犬を愛する人々は、犬の悪い行動の言い訳をする傾向があります。しかし、飼い主が攻撃を受けていない限り、別の犬や人を噛む犬の言い訳はありません。このタイプの行動は、犬と飼い主の両方に非常に深刻な結果をもたらす可能性があります。極端な場合、攻撃的な犬によって誰かが実際に殺されたとき、飼い主は刑務所の時間を務めました。飼い主は小品を求めて訴えられ、問題の犬は休息を命じられます。犬の攻撃性の問題を制御することが非常に重要です。

犬が他の犬に対して積極的に行動する場合、問題が完全に手に負えなくなる直前に解決策を探し始めます。あなたとあなたの犬はどちらもずっと幸せです。

Comments are closed.