歯に合った歯ブラシを選ぶ

実際に最後の歯ブラシを選ぶのにどれくらいかかりましたか?それはあなたのコスタメサの歯科医によって推薦されたのでそれを選んだのですか、それともあなたが色が好きだったという理由だけでそれを手に入れたのですか?歯ブラシを選ぶ際に色だけが論理的な理由ではないので、それが最初であることを本当に願っています。

しかし、悲しい事実は、多くの人が、歯ブラシメーカーの広告のしかめっ面を、彼らが使いやすさよりもデザインと色に追いやるようにしていることです。同様に、多くの人々は、電動歯ブラシが通常の歯ブラシよりも優れているという誤解に陥ります。しかし、電動であろうとなかろうと、両方の歯ブラシは、一つのことを行うように設計されています-電動歯ブラシは仕事をずっと簡単にしますが、歯をきれいにするためです。

それでは、どのように歯ブラシを選ぶべきですか?

一般に、コスタメサの歯科医は、箱にADAシールが貼られている歯ブラシを選択することをお勧めします。しかし、それとは別に、ここにあなたの歯に最適な歯ブラシを見つけるためのいくつかのヒントがあります:

•柔らかいブラシの歯ブラシは、硬いブラシよりも柔軟性が高いため、入手してください。柔らかい歯ブラシは、歯茎の損傷も最小限に抑えます。
•ハンドルが手に快適にフィットすることを確認してください。
•頭が小さい歯ブラシを選択して、難しい部分の掃除をずっと簡単にします。
•電動歯ブラシでも手動歯ブラシでも、使いやすいブラシを選択する

歯に最適な歯ブラシを慎重に選択したので、ブラッシングは楽しくて励みになります。しかし、良いブラシでは歯と口を健康に保つのに十分ではありません。ブラッシングを最大限に活用する方法は次のとおりです。

•1日2回以上、または食後に毎回ブラッシングします。
•ブラッシングとフロスを塗るのに十分な時間、できれば3分かかります。
•ブラッシングするときは、穏やかな動きをしてください。
•歯を磨くだけではありません。舌を磨いて細菌をかき取ります。
•歯ブラシは3か月ごとに交換してください。

ブラッシングルーチンに問題がある場合、または追加のブラッシングヘルプが必要な場合は、遠慮なくコスタメサの歯科医に聞いてください。そしてもちろん、歯と口を健康に保つために歯ブラシだけに頼らないでください。フロッシングは、歯の届きにくい部分の食物屑を取り除くのにも役立ちます。そして、定期検診のためにあなたの歯科医に会うことを忘れないでください。

Comments are closed.