ビーグル犬に餌をやるときはお手入れが重要です

一部の犬の飼い主は、ビーグル犬の飼育に関して、知らないうちに悪い習慣を身につけています。これらの悪い習慣は何ですか?犬に食べ残しを与えることは良い考えではありません。これらの食物は消費のために人間によって使用されますが、愛するビーグル犬に脅威を与える可能性があるからです。有名なブランドでそれらを供給しても、それらの安全性を保証しないかもしれません。

ほとんどの犬の飼い主は、犬の空腹の小さな胃を満たすために市販のドッグフードを使用しています。これらのドッグフードは、市場で簡単にアクセスできるため、利便性を保証します。一般的なブランドから最も高価で有名なブランドまで、さまざまなブランドから選択できます。しかし、一部の犬の飼い主は、これらのペットフードが偶発的な汚染によりビーグル犬の食中毒を引き起こす可能性があることに気付いていません。犬の成長に必要な成分を含まない食品もあれば、犬に有害な毒素を含む食品もあります。

獣医は、ペットフードを選ぶ際に犬の飼い主にもっと批判的になるようアドバイスしています。ドッグフードのラベルを注意深く読んで、その製品に犬が必要とするすべての栄養素が含まれているかどうか、有害な物質が含まれているかどうかを確認してください。製品ラベルを比較して、あなたの犬にどのペットを選ぶべきかを考えてください。すべての天然成分を含む製品を探します。フィラー、肉の副産物、化学物質、防腐剤を検索します。これらの成分は通常、生産と製造業者の利益を増やすために市販のドッグフードに追加されます。考慮する必要があるのは、コンテンツの制御だけではありません。特定の製品の各成分の量も確認してください。

最後に、犬に最適な食べ物を決めて購入したら、次に対処する問題は、犬にどのくらい餌を与えるかです。あなたはたった一回の食事でペットフードの袋を与えることはできません。栄養要件は、犬の年齢、大きさ、品種、活動、健康状態によって異なります。病気にかかっているなどの特定の状態の犬は、通常の状態の犬と比べて異なる栄養価が必要であることを忘れないでください。太りすぎの犬の餌は規制する必要がありますが、それは餌の量を減らす必要があるという意味ではありません。犬の飼い主は、肥満犬に与える適切な量と種類の食物について獣医に相談する必要があります。

犬の飼い主は食中毒の兆候に注意する必要があります。注意すべき兆候は、眠気、食欲不振、嘔吐、オレンジ色の尿の徴候、黄yellowや歯茎などの黄undです。犬が食中毒の深刻な影響を受けている場合、血まみれの嘔吐や黒ずんだ便を引き起こすことがあります。

犬は人間の親友と考えられています。きっとあなたはあなたの親友が彼が値するよりも小さくなりたくないでしょう。彼らの食べ物は人間の食べ物と同じくらい重要です。彼らは、自分が間違っていると感じていることを所有者に直接伝えることができず、気づく前にすでに手遅れです。これらのことについて重要な詳細を支払うことは常に良いことであり、それは悪いことではありません。あなたが得ることができる少なくともは、あなたの犬が安全であり、食中毒や他の病気の近くではないという保証です。

Comments are closed.